【コンプレックスは向上心の表れ】

「主婦コンプレックス」と聞いてイメージが出来ますか?

筆者が、専業主婦で子育てに専念していた頃、
「自分には仕事がない、自立していない、将来活かせそうなスキルもない」
と自己卑下して、肝心の育児まで自信を無くし、
「ダメなお母さん」とレッテルを貼り、
子供に対して良くない影響を与えるという、負のスパイラルにしばしば落ち込んでいました。

現在、育児に奮闘されている頑張りママの皆さんにも、
同じような気持ちになった経験はありませんか?

当時を振り返って、私はその時の状態を「主婦コンプレックス」と呼んでいます。

「コンプレックス」とは、「複雑な」という意味ですが、
ここでは単に「劣等感=コンプレックス」とします。

主婦コンプレックスを抱えていた頃の自分は、無いもの探しばかりしていました。

「仕事がない、自立していない、将来活かせそうなスキルもない」

しかし、「無いもの探し」から「あるもの探し」に思考をチェンジさせるだけで

「育児に専念できる環境がある、頼れる家族がいる、今も大切にしながら将来について準備ができる」

と言えます。

事実・現象は一つ。ただ捉え方によって、自分自身の気持ちや周りに与える影響は雲泥の差です。


ただ、渦中にいる時はなかなか気が付きません。焦ったり落ち込んだり。

でも、大丈夫です。

もし、コンプレックスを感じるようなことがあれば、
それは心が理想に伸び進もうとしている向上心の表れです。

人をうらやむ気持ちや人と自分と比較して落ち込むことも、
そもそも自分の心の根っこの部分に「ありたい自分」という理想があるからです。

自分の中に理想がある、自分を素晴らしい存在だと心の奥底では信じている
だからこそコンプレックスが生じるのです。
そしてそのコンプレックスは、いつか誰かの役に立ちます。

ありのままの自分を素晴らしいと思ってくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ESPACE(エスパス)とはフランス語で「宇宙」や「空間」を意味します。

ESPACEの願いは、この場に集う一人一人が「一隅を照らす」存在となりこの場で得たことを活かし地域や社会の発展に貢献することです。

目次
閉じる